もしかしたらED(勃起不全)と分かっていても、何もせずにそのまま放置している男性も存在します。EDは早急に治療しなければ治療に時間がかかってしまう病気です。EDは原因によって治療法が異なる場合もあるため、様々な原因についてこのサイトで理解して対処しましょう。

【目次】

三大ED治療薬:レビトラの効果作用と服用方法

レビトラはドイツの製薬会社によって2003年に発売されました。
日本では翌年の2004年に認可され、子会社であるバイエル薬品から販売されています。
有効成分としてバルデナフィルが含まれており、即効性が大きな特徴です。
空腹時にレビトラを服用すると20分ほどでペニスが勃起します。服用から約45分でバルデナフィルの血中濃度が最高となり、効果が最も強くなります。
性行為の1時間前に、水かぬるま湯で服用するのが一般的です。アルコールで服用することもできます。

レビトラはドイツの製薬会社によって世界で2番目に開発されたED治療薬です。
食事の影響を受けにくく、服用前にエネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事を摂取できます。
空腹時に服用すると効果が高まります。
また適量のアルコールにはリラックス効果があるので、レビトラの働きを助けます。
レビトラの有効成分であるバルデナフィルには血管を拡張する効果があります。服用後は酔いやすくなるため飲酒を控えます。

男性は性的な刺激を受けると血液中の一酸化窒素濃度が上昇します。
血液中の一酸化窒素が増えると血管が開いて血流が促進され、さらにサイクリックGMPと呼ばれる物質が血液中に放出されます。
サイクリックGMPは天然の血管拡張剤です。平滑筋を弛緩させて海綿体への血流を増やし、ペニスを勃起させます。
射精後はPDE5と呼ばれる酵素がサイクリックGMPを壊して平滑筋を緊張させることで勃起が終了します。
レビトラの有効成分であるバルデナフィルにはPDE5の働きを阻害する効果があります。

バルデナフィルを服用すると短時間で強力にペニスが勃起します。
PDE5の働きが抑えられると、サイクリックGMPが増えて海綿体に血液が流入しペニスが勃起するようになります。
レビトラには即効性があるため、空腹時に服用すれば約20分で効果を実感できます。
インドで製造されたジェネリック医薬品も存在しており、少ない費用でED治療を行なうことが可能です。

レビトラの正しい服用方法

レビトラはドイツの製薬会社によって開発され、日本では子会社のバイエル薬品から販売されています。
正規に流通しているレビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
病院でED治療を行なう場合には、主に10mgか20mgの錠剤が使用されます。1錠あたりの価格は10mgが約1500円で、20mgは約1800円です。
通販サイトを利用して海外から個人輸入する場合は、いずれも1錠あたり1400円ほどで購入できます。
インド製のジェネリック医薬品であれば価格はさらに下がります。

通販サイトを利用すれば、様々なレビトラのジェネリック医薬品を個人輸入できます。
レビトラのジェネリックは、主にインドの製薬会社が製造・販売しています。
インドでは製法特許が認められていますが成分特許は認められておらず、製法を変更すれば安価なジェネリック医薬品を自由に製造できます。
またインドの製薬会社はインド政府から許可を受けて医薬品の製造・販売を行なっており、安全性も優れています。
ジェネリック医薬品を利用すれば、ED治療の費用が大幅に下がるため経済的です。

通販サイトで扱われているレビトラのジェネリック医薬品は主に20mgの錠剤で、1錠あたりの価格は約200円になります。
非常に安い価格で購入できるため、世界的にも人気です。
安全性も優れているので、正しい服用方法を守れば安心してED治療ができます。

レビトラやジェネリック医薬品を使用する際に用量が多い場合は、ピルカッターで割って服用することも可能です。
ジェネリック医薬品の中には40mgや60mgの錠剤も存在します。
バルデナフィルは即効性があり、ペニスを勃起させる効果も強力です。
最初は用量を少なくし、徐々に増やして自分の体質に合った用量を見つける必要があります。

関連記事