もしかしたらED(勃起不全)と分かっていても、何もせずにそのまま放置している男性も存在します。EDは早急に治療しなければ治療に時間がかかってしまう病気です。EDは原因によって治療法が異なる場合もあるため、様々な原因についてこのサイトで理解して対処しましょう。

【目次】

三大ED治療薬:シアリスの効果作用と服用方法

シアリスはアメリカの製薬会社によって2002年に開発されました。
2002年11月にヨーロッパで承認されると2003年2月にはヨーロッパやオーストラリア、ニュージーランドで販売が開始されます。
また2003年11月にはアメリカでも承認され、販売が開始されました。日本で承認されたのは2007年7月です。
同年9月には日本イーライリリー社から販売が開始されています。
日本イーライリリー社はシアリスを開発したアメリカの製薬会社の子会社です。

2009年には日本の製薬会社と日本イーライリリー社、その親会社との間でシアリスの販売に関するライセンス契約が締結されました。
以前は日本国内で日本イーライリリー社がシアリスを販売していましたが、2009年7月1日からは日本の製薬会社が販売業務を受託し単独で販売するようになっています。
正規に製造・販売されているシアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
有効成分としてタダラフィルが含まれており、食事の影響を受けにくく持続時間が長いという特徴があります。

シアリスの有効成分であるタダラフィルは食事の影響を受けにくいため、服用前に800kcalまでの食事を摂取できます。
ただし空腹時に服用した方が効果が高まります。食事を摂取した場合には、消化するまで2時間ほど待つと効果的です。
ファーストフードや中華料理など脂肪分の多い食事を摂った場合は、6時間ほど時間を置きます。
服用後に血中濃度が最大となるまでの時間には個人差があります。
約30分で最大となる場合もありますが、4時間ほどかかる場合も存在します。

シアリスは性行為の3時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。病院では主に10mgと20mgの錠剤を使用してED治療が行われています。
効果の持続時間は10mgが20時間から24時間で、20mgは30時間から36時間です。1錠あたりの価格は、10mgが約1700円で20mgは約1800円になります。
インド製のジェネリック医薬品を個人輸入すれば、大幅に費用を下げることができます。 例えばシアリスジェネリックにはタダシップなどがあります。タダシップの飲み方もこちらの商品ページに記載されていますが、基本的に服用方法はシアリスと同じなのでシアリスの服用経験がある方もすんなりタダシップへ移行出来るでしょう。

シアリスの正しい服用方法

日本国内の病院では一般的に10mgや20mgのシアリスを使用してED治療が行われています。
1錠あたりは10mgが約1700円で20mgが約1800円と高価です。
インドではシアリスのジェネリック医薬品が製造・販売されています。ジェネリック医薬品であれば10mgも20mgも1錠あたり450円ほどで購入できます。
インドでは製法特許が認められていますが、成分特許が認められていません。成分が同じでも製法を変更すればジェネリック医薬品を自由に製造できます。

インド製のジェネリック医薬品は、シアリスと同じ有効成分のタダラフィルが含まれています。効果や服用方法なども同様です。
またインドの製薬会社はインド政府から承認を受けてジェネリック医薬品を製造しています。
シアリスのジェネリック医薬品は安全性も優れているので、安心してEDを治療できます。
タダラフィルには血管を拡張する効果があるので、血圧が低下して軽いめまいを生じる場合があります。
また血流の促進により頭痛などが生じる場合もありますが、正しい服用方法を守れば問題ありません。

シアリスは血管拡張や血流の促進に伴い、めまいや頭痛、ほてり、消化不良などが生じる場合があります。
しかし有効成分のタダラフィルは分子構造がブロック状なため、体内でゆっくりと吸収されます。
実際にめまいなどの症状が現れるのは、服用者の3割ほどに留まります。
また発症しても症状は基本的に軽いため心配は不要です。
ただし硝酸剤などの医薬品を使用していたり、脳や心臓などに重度の障害がある場合は服用できないので注意が必要となります。

シアリスは持続時間が長く、基本的に体への負担が少ないED治療薬です。
性行為の3時間前に水かぬるま湯で服用すれば、長時間にわたってペニスを勃起させることができます。
健康上の問題がある場合には医師への相談が必要です。正しい服用方法を守れば安全にEDを治療できます。

関連記事